借地権の基本

購入や賃貸を目的として、家探しをしていると、「借地権」という言葉を見聞きするケースも存在します。
借地権付きの物件を利用すれば、購入物件、賃貸住宅には無いメリットを得ることができますが、それなりの注意点もあります。


借地権は、その名の通り、土地を借りる権利のことですが、賃貸住宅とは異なり、建物は自分の所有物になります。
したがって、賃貸物件のように、建物の構造部分に変更を加えたり、入居者の故意、過失によって建物を汚したり、損傷させたりしたとしても、物件の管理者から注意を受けたり、原状回復費用を請求されたりする心配はありません。


そして、先ほども述べたように、土地は購入しないために、土地の所有権が付いた住宅と比べて、物件の対価がリーズナブルに設定されているというアドバンテージがあります。
また、所有権付きの住宅を買うのと、同じ費用を用立てれば、より一層条件の良い物件を探すことができます。


また、借地権には地上権、賃借権がありますが、それらも財産であり、相続の対象となります。
借地権に関して、被相続人が有した権利、義務はそのまま相続人へと受け継がれるので、相続する際、地主の承諾を得る必要はありません。
ただし、相続税を支払う義務が発生することや、その金額には注意する必要があります。


このカテゴリーでは、借地権という言葉の意味や、購入、賃貸住宅との違い、借地を相続する場合に注意するべき事柄などをご説明しましょう。


▼管理人推奨リンク
借地権付きの物件の購入や賃貸のことなどを無料で相談出来るサイトです → 借地権 相談